プレ事業承継で会社分割を利用

プレ事業案としての利用法

本格的な事業承継の前段階として、
会社分割により会社事業の一部分を会社化し、
後継候補者に任せてみる利用方法も考えられます。

例えば、営業部門やある地域の一支店を会社分割の手法を使って
別会社とし、その経営権を握らせてみます。

この方法を利用すれば、本格的な承継を前に、
後継候補者に経営者としての経験を積ませることができます。

いきなり大きな責任を追わせるのではなく、
適度な事業規模の経営をチャレンジさせてみることで
貴重な経験を積むことができるのではないでしょうか。

また、会社を引き継がせるには相当な勇気が必要なところ、
責任と権限が限定されるこの方法なら、
ある程度安心してまかせられるものです。、

また、後継候補者の素質を試す良いテストにもなるでしょう。

 

⇒相談申込・お問合せは、こちら

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ