分社化のやり方

分社するにはどうすればいいのか?

分社は『会社分割』のみならず、
『事業譲渡』や『現物出資』を使って実現できます。

どの手法を用いても、
別会社に持ち出す内容を柔軟に設計することができます。

分社化を使って有利な展開を作り出すことができる理由です。

●会社分割(新設分割)

分社化のために『会社分割』を使うケースが多々あります。
会社分割の中でも、
事業や資産を別の会社に持ち出して
新しい会社を作る『新設分割』というタイプが、
分社化の場合にはよく使われることでしょう。

法的には、合併や相続などと性質を同じくします。
そのため新会社に承継させると決めたら、
承継できることが原則となります。

⇒ 会社分割が有効な場面

●事業譲渡

事業とは、営業に必要な資産や人、
取引の地位などまでが集合化されたイメージのものです。

ノウハウや顧客は目に見えるものではありませんが、
事業譲渡ではそれを”モノ”のように扱って
取引の対象とします。

分社化の場合は、受け皿となる会社を用意し、
元の会社に対価を払って事業を買い取ることになります。

会社分割とは性質が異なり、登記もしません。
そのような差から会社分割と比べた場合に有利、不利が生じます。

 

⇒ 事業譲渡で分社する方法

 

●現物出資

会社をあたらしく設立する場合、
普通は現金を出資します。
しかし、この出資は現金に限らず”モノ”を
出資すること(現物出資)も可能です。

この現物出資の対象として、
“事業”を出資することが出来ます。

元の会社が事業を新会社設立のために出資すれば、
分社化が実現できることになります。
出資後は、元の会社が株主となります。

 

————————————

分社化の活用について相談してみたい

分社化の使い手、奥村聡って?

事業承継にご興味のある方ならば

 

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ