消費税について

消費税について

 

会社分割においては、消費税は課税されません。

法的には資産の包括的な承継となるからです。

 

 

これだけでは何のことか理解しづらいと思います。

そこで事業譲渡(営業譲渡)と比較してみましょう。

 

 

事業譲渡(営業譲渡)は、
対象事業とそれに含まれる資産と負債を
まとめて譲渡する契約です。

 

売買と同じ取引に類似するものとして
イメージしていただければいいかもしれません。
個別の資産を1つずつ売買すれば、
それぞれ消費税が課税されるはずです。

それをまとめて事業譲渡で移転させても、
やっぱり消費税が関係してくるのが自然でしょう。

事業譲渡で消費税が課税されることに
納得できると思われます。

実務上も、課税資産と非課税の資産を区分して
消費税を考慮することとなります。

 

 

しかし会社分割の場合、事業譲渡と異なり、
分社時においてこの消費税が課税されません。

法的な趣旨の違いから導き出される結論です。

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ