会社分割の手続き

会社分割のパターンは2つ

 

会社分割のやり方を見ていきましょう。

そのパターンは2つあります。

まずはここを押さえてください。

 

 

新設分割のイメージ

 

新設分割とは、元の会社から一部(資産や事業など)を切り離し、
別の会社にすることです。

一社で行う単独の行為です。

筆者はこれまでたくさんの会社分割をコーディネートしてきましたが、
ほとんどはこの新設分割のパターンでした。

 

 

(新設分割で神戸フーズから加工品事業を別会社にする例)

 

飲食事業と加工品事業を行っている神戸フーズ。

新設分割で、加工品事業を別会社化します。

分割後はひょうご産業が事業を承継して存続します。

 

 

 

新設分割の手続きをさらにくわしく

⇒ 新設分割の手続き

 

吸収分割のイメージ

 

 

もうひとつのパターンは『吸収分割』です。

新設分割が単独で行うものならば、
こちらは2社以上との間で交わされる契約です。

分割会社と承継会社の間で「何を承継するか」契約を結び、
分社を実行します。

分割後は、新設分割のように独立した会社として事業等が残るのではなく、
承継会社の一部に吸収されます。

 

 

(吸収分割で神戸フーズから大阪産業が加工品事業を承継する例)

 

大阪産業は神戸フーズの加工品事業を欲しがっています。

両社は契約を結び、
加工品事業のみを吸収分割で承継させることに合意しました。

 

 

 

吸収分割の手続きをさらにくわしく

⇒ 吸収分割の手続き

 

物的分割と人的分割

会社分割のパターンは上記の2つなのですが、
ちょっと細かい話をさせてください。

たとえば、新設分割で新しい会社ができたとします。

ではこの新設会社の株主は誰になるでしょうか?

 

株式を誰に持たせるかで、
さらに2パターンあるのです。

新設分割の場合、通常は元の会社に株式を持たせます。

新会社とは親子関係になります。

 

 

 

 

しかし、元の会社に発行せずに、
元の会社の株主に発行することもできるのです。

株主は新たな会社の株式も所有することになります。

 

 

 

前者のように会社に持たせることを物的分割。

後者のように株主に持たせることを人的分割と呼んだりします。

 

(さらに読む)

⇒ 新設分割の手続き

⇒ 吸収分割の手続き

 

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ