会社売却・業界再編の場面で

会社売却の時に・・・

 

M&Aである会社を買い取ることに興味はあるけど、
『美味しくない部分』も混在しているケースがあります。

関心の無い事業だったり、不採算事業だったり・・・。

このような場合でも、会社分割が誕生する前は、
悪い部分に目を閉ざして『合併』によって一切合財を引受けるしか
方法はありませんでした。

(※事業譲渡による方法もありましたが、
その場合との差は別の記事で)

 

会社分割ならば、調整しながら任意に引き継がせる範囲を決定できます。

相続などと同じ包括承継という性質
(良い部分も悪い部分も全部承継する)を 持ちつつ、
引き継ぐ範囲は任意に決定できるという
会社分割の画期的な特性のためです。

 

これを使えば、
買い手が本当に欲しい部分だけを引継ぐことができるのです。

 

反対に、売り手は手放してもいい部分だけを
切売りすることができます。

残しておきたい部分まであげなくてもいいのです。

 

(一部の事業だけ売買)

 

 

 

こんなケースでも、
タクシー事業だけを別会社化すれば売れるのです。

 

 

 

 

(負債を調整してから売る)

 

 

会社をこのまま売るばかりが手ではありません。

負債や資産を調整して売ることだってできます。

 

 

簿外債務の予防にも!

 

M&Aで気になることのひとつに、
予定外の危険の存在があります。

代表的なものは帳簿に載っていない債務でしょう。

簿外債務などと呼ばれています。

それ以外でも、想定外の保証債務を負っていたり、
訴訟を起こされるなどの潜在的なリスクが存在していたり・・・。

会社を買う段階では見えていなかったけど、
買った後にになって責任を追及されるような危険があり得ます。

 

そのまま会社を買えば、
これらの危険も会社に付着しています。

また合併では、
これらの危険を社内に取り込んでしまうのです。。

 

一方、会社分割ならば、
これらの危険をかなりコントロールして
引き継ぐことが可能です。

会社分割は、
「余計な部分を引継がないでも良い」
「売りたい事業だけ売却できる「
「潜在的なリスクを減らせる」
こんなすぐれものなのです。

 

 

 

業界再編の場面でも

 

ニーズの変化により市場が小さくなる。

でも会社の数はそのまま減らない・・・

こんなとき、本来ならば会社が統合され、
バランスが保たれるべきです。

特に地場産業や伝統工芸の世界などでは
こんな必要性を抱えていることが多いかもしれません。

 

個々の会社単位では将来的に立ち行かなくなることが
予想されていても、
同業で統合して業界の競争力を保ちたいところ。

 

でも、いざ統合しようにも、
合併を繰り返して会社をまとめるのはリスクが高まります。

吸収される会社がどんなネガティブなものを
引っ張ってくるか分かりません。

 

また、資産が大きい会社では対価が大きくなります。

反対に負債が大きい会社を合併すれば、
残す会社の財務内容を悪化させてしまいます。

 

こんな時にも会社分割が活躍します。

 

 

 

たとえば、瓦づくりを地場産業としていた
地域があるとしましょう。

価値ある部分を一社にまとめて、
この会社を生き残らせることで
業界の火を消さないようにします。

各社は会社分割を使って、
人や設備などの必要なものだけを切り出します。

それを一社にまとめてしまうのです。

 

会社分割を使うことでスピーティーかつ低リスク、
低コストで業界の再編が実現します。

 

 

⇒奥村聡への相談申込・お問合せは、こちら

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ