新規事業の場面で

新規事業を別会社で展開する場合の利用法

 

既存の事業を別会社で展開しようとする場合にも
会社分割(新設分割)を活用できます。

事業や資産を別会社に切り出すだけです。

 

同様の方法は他の手法を利用しても実現できます。

一つは、既存の事業を現物出資というかたちで
新会社を設立する方法です。

会社設立時、通常はお金を出資します。

このお金に変わって事業を出資して会社を作るのです。

 

また、事業譲渡を利用することもできます。

事前に受け皿となる新会社を設立しておきます。

そして、事業譲渡によって、
旧会社から事業を引き継がせるのです。

 

最終的なかたちはどの方法でも同じです。

しかし、会社分割を使ったほうがメリットが
大きくなる場合があります。

 

まず、事業の現物出資では、
検査役の調査や専門家による鑑定といった
手間やコストが必要となることがあります。

この点会社分割では不要です。

 

また、会社分割ならば契約やお客さんの引き継ぎ等の面で、
他手法よりも法的な強さがあります。

 

さらに会社分割は、
会社設立時に新たに資本金を用意する必要もありません。

定款認証が不要なので、会社設立費用も下げることができます。

 

 

 

会社を共同設立するとき

 

ジョイントベンチャーと呼ばれる取組みのように、
数社で共同して新会社を設立する場合があります。

たとえば、それぞれの長所を持ち寄って
新規事業のために新会社を立ち上げるようなケースです。

各社が事業を持ち寄り、それを一社にまとめる。

この一連の流れを、
一度に終わらせることも会社分割を利用すれば可能です。

 

 

⇒奥村聡への相談申込・お問合せは、こちら

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ