分社フルサポート(会社分割、事業譲渡のプロジェクトマネージャー)

会社分割等の分社をフルサポート

おそらくほとんどの会社では、会社分割等の分社は初めての経験でしょう。

「何をどうやったらいいのか分からない」

そんなときに、奥村がプロジェクトマネージャーとして参画する場合があります。

 

 

分社の流れと役割

分社を検討し、実行する場合の流れと、プロジェクトマネージャーとしての役割をご説明いたします。

 

①意思決定

株主や社長に、分社をするか否かの意思決定をしていだきます。

その際の話し合いに奥村は立ち会い、必要な情報を提供したり、議論の交通整理をします。

 

②計画立案

やると決まったら、それを実行に移すための計画を練ります。

どの方法を採用するのがいいのか。

税金や法律、手続き面の問題はないか。

他の専門家の知恵も活用しつつ計画を立案。

スケジュールを組み、予算も見積もります。

 

③実行

計画を実行に進めます。

社内で必要な取り組みを指導し、実行の管理をします。

また、債権者や従業員等への説明のお手伝いもします。

登記手続きの手配や顧客対応なども監督します。

 

④アフターフォロー

会社分割の登記手続が終わっても、まだやるべきことはたくさんあります。

各種手続きの手配や管理、社内での資産や仕事の切り分けなどを差配します。

 

サポートの予算と期間

話し合いのファシリテート、説明、資料作り、手続き・・・と、フルに動くため当方にとっても負担が大きい仕事となります。

その分、お客様にとっては推進力を保ち、どんどん前に進めるメリットがあるでしょう。

当方の費用としては、月々10万円から25万円。

期間は半年から1年が、平均的です。

 

状況によって予算は増減し、登記費用や他の専門家の報酬、さらには税金の負担がある場合もあります。

どのため、実行の前に総費用を見積もり、費用の全体像を確認いただいてから、プロジェクトの実行可否を決断していただけるようにしています。

 

まずは、お気軽にお問合せください。

→ 問合せフォーム

 

 

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ