『事業承継』×会社分割

会社分割を使って事業承継を乗り越える

 

会社分割を使った事業承継攻略法を解説します。

後継者の問題などで、事業承継が社会問題ともされています。

「大廃業時代の到来」と、メディアで取り上げるケースも増えています。

会社分割を上手に利用することで、柔軟な事業承継が可能となり
経営権と株式の移転がうまくいくことが十分考えられます。

会社分割を使うことで避けられる廃業が、
世の中にかなり眠っているのではないでしょうか。

 

★会社分割×事業承継の基本パターン

会社の一部分を会社分割で外に切り出してから
承継させる型を基本モデルとして紹介しましょう。

既存の会社である『池袋商事』から、新設分割によって
新会社『川越サービス』を立ち上げるという例です。

池袋商事の資産は5億、負債は4億とします。

 

事業承継の場面でfig1

 

 

池袋商事から1億円の資産と9000万円の負債を切り出すとしましょう。

それを承継する川越サービスの純資産は1000万円となります。

 

一方、資産と負債を抜かれた池袋商事です。

しかし川越サービスが池袋商事の子会社となります。

そこで失った資産と負債の代わりに、
川越サービスの株式を手に入れるのです。

この例では1000万円分の川越サービスの株式を
資産として手に入れます。

 

事業承継の場面でfig3

 

会社分割によって 川越サービスが誕生しました。

一部だけを承継することでコンパクトな会社にできます。

「だからどうした?」と思われるかもしれません。

しかし、この手法や性質を工夫して利用することで、
会社分割は事業承継のいろんな場面で活躍するのです。

 

 

会社分割がこんな事業承継が可能に!!

 

不採算事業や過大債務を整理して事業承継

不採算事業や不良資産・・・
なにもそのまますべてを承継させる必要はありません。

「借金が大きすぎて子供に継がせられない」
「負債のせいで継げない」

こんな声が現場ではよく聞かれます。

しかし、今ある会社をそのままで引き継ぐばかりが手ではありません。

会社分割を使ってリストラしつつ、
承継しやすい身軽な会社に整えてから承継するができます。

会社分割を使った後継者が引継げる会社を作る方法。

ぜひ、ご検討してみてください。

不採算事業をリストラしつつ事業承継をする

 

会社分割で兄弟それぞれに事業承継

「子供たち一人を後継者に選べない」
「兄弟が同じ会社にいたら
いつか仲たがいしてしまいそうだ」

そんな時は会社分割で2社に分けて
継がせるという発想はどうでしょうか。

「会社はひとつしかないから
後継者を一人選ばなければいけない。」

こんな発想を
「後継者の数に合わせて会社を作る」
に、逆転させてみます。

会社分割で兄弟それぞれに事業承継

 

★後継者には手に負えない会社を小分けにする

正直なところ、今の社長の力量、手腕があるから
どうにか成り立っているという会社がたくさんあることでしょう。

そんな会社を背負える後継者が、
社内にいることなんてそうあり得ません。

経営者だって経験を積みながら成長するもの。

今の会社は、社長の成長に合わせてできたもので、
トップの経験が乏しい後継者には荷が重たくて当然です。

ならば、会社を後継者の力量に合わてみるのはどうでしょうか。

会社を小分けにして、複数の後継者に承継させる。

これならば事業承継を乗り越えられるかもしれません。

【事業承継】会社分割で後継者の経営能力を補う

 

プレ事業承継で会社分割を利用

将来の社長就任を視野に、
後継者に社長業をあらかじめ経験させておくことには
大きな意味があります。

いきなりバッターボックスに立たせて
ヒットを期待することは難しいとこことです。

同様に、後継者が社長経験もないのに、
スムーズに経営できる場合は少なくて当然なのでしょう。

ならば、本格的に経営を引き継ぐ前から、
経営を体験させてみるという発想はどうでしょうか。

会社分割で子会社を作り、
まずはその会社の経営をさせてみるという案です。

会社分割を使ったプレ事業承継の提案です。

プレ事業承継として

 

借金が大きくなりすぎた会社の事業承継

「借金が大きすぎて子供に背負わせるには忍びない」
と気を病んでいるケースがあります。

逆に、後継者が「こんな大きな借金はとても継げない」
と腰が引けている場面もあるはずでしょう。

個人保証の問題もあり、下手に社長を継がせることは
後継者の死活問題になってしまいます。

でも、会社分割を使えば、
過大な借金がネックとなっている事業承継だって
クリアできるかもしれません。

「会社はそのまま継がせなければいけない(継がなければいけない)」
という固定概念はもう捨ててしまいましょう。

借金が大きくなりすぎた会社の事業承継

 

後継者が「株が高すぎて買えない」の問題

資産が充実した会社の場合、株価が相当な金額になりえます。

後継者が家族ならば、
相続で株式を引き継ぐ道があるのでまだましです。

(とはいえ、税金の問題がありますが……)

もし血縁のない者が後継者の場合、
現社長から株を買い取らなければならないでしょう。

しかし、往々にしてその原資ががない場合が多くあります。

こんなときも、会社分割ならば道を拓いてくれるかもしれません。

会社分割で、
「後継者が株式を買えるように会社を再構築する」
という発想です。

後継者が「株が高すぎて買えない」の問題をクリアする

 

不動産は家族に残しつつ事業承継をする

オーナーの個人的な資産が会社の所有になっている場合。

事業は会社の後継者に継がせるものの、
不動産は家族のために遺したい場合。

こんなケースでも会社分割を利用する価値があります。

会社を分けることで、オーナー一族に遺す資産と、
事業用の資産を切り分けて
承継することができるようになります。

不動産は家族に残しつつ事業承継をする

 

新常識!?会社は整えてから継がせる

 

これまで会社はそのまま継ぐのが常識でした。

事業承継が進まないことは社会問題とされていますが、
その原因の一つはここにあったのではないでしょうか。

継がせやすくするために、
会社を整えてから手渡すという発想がなかったのです。

しかし、それは十分可能です。

そして会社にとって、
地域経済にとっても大きな意義のあるやり方だと感じます。

 

⇒奥村聡への相談申込・お問合せは、こちら

 

※事業承継については、奥村が運営する
『社長のやめ方.com』でも詳しく解説しています。

 

 

―――――――――――――――――――――

『事業承継』×会社分割への質問

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ