会社分割が有効な場面

【会社分割は最強ツールです】

会社分割は会社を二つに分ける法的手法です。

この性質を上手に利用すれば、
スピーディーかつ低コストで社内の負を整理できます。

ゆえに、会社経営における様々な場面で
使えるツールなのです。

 

 

事業承継の場面で

「会社はそのまま継ぐもの」
これがこれまでの事業承継の常識になっていました。
しかし、会社分割を利用すれば、
継がせやすい会社に整えてからの承継が可能になります。

たとえば、こんな課題の解決にも有効です。
「借金が大きくなりすぎて後継者に継がせられない」
「株価が高くなりすぎて後継者が買えない」
「創業者の不動産まで承継さたくない」

⇒ くわしく読む

 

会社再生の場面で

自力での立て直しが難しくなった会社を復活させるには、
スピーディーかつ信用低下を招かない外科手術が必要です。
会社分割はそんな再生ツールにもなります。

⇒ くわしく読む

 

社内整理の場面で

会社の成長にともない社内が混乱する場合があります。
そんな時は会社分割で会社ごと分けてしまうことで、
スピーディーに整理することも一案です。

⇒ くわしく読む

 

株主関係解消の場面で

時間の経過とともに
株主間の関係が変わってしまうこともよくある話です。
上手に関係を清算するために
会社分割が使われる場合もあります。

⇒ くわしく読む

 

不動産譲渡の場面で

不動産の売買には様々な税金などのコストが発生します。
不動産だけでなく、
会社分割を使い「会社ごと不動産を譲渡する」ことで、
移転コストを下げられるケースがあります。

⇒ くわしく読む

 

会社売却(M&A)

会社の売買も特別なことではなくなってきた昨今。
ただ会社を売ろうとするのではなく、
会社分割を利用してから売ることで実現可能性が上がります。

⇒ くわしく読む

 

新規事業の場面で

新規ブランドや新しい事業を立ち上げるとき
「別会社ではじめよう」とするケースがあります。
その際に、通常の会社設立ではなく、
会社分割を使うことで、
コスト面などのメリットを享受できることがあります。

⇒ くわしく読む

 

 

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ