事業承継の場面で分社(事業譲渡)を使った実例

奥村が全体コーディネートを担っていた事業承継案件がまとまりました。

このケースでは、受け皿となる新会社を設立。

そちらに元の会社から事業を譲渡するというスキームを組みました。

 

会社の株式をそのまま買おうとすると、株価が高くなりすぎて後継者が買えない。

 

こんな課題に対して、資産と事業を切り離し、後者だけを承継することでクリアしたのです。

 

案件の様子についてご興味のある方は、リンク先の記事もお読みください。

 

【事業承継】またひとり、経営者を引退させました・・・

 

奥村聡への相談申込・お問合せ

問い合わせフォームへ